福岡銀行の特徴とサービス
福岡銀行は、なんだかおもしろい!
  

福岡銀行は、なんだかおもしろい!

福岡銀行の定期預金はどんな金利で、どんな商品

福岡銀行と西日本シティ銀行とのライバル関係

福岡銀行と山口銀行グループとのライバル関係

福岡銀行の普通預金はどんな金利で、どんな商品

福岡銀行の歴史とは

福岡銀行のインターネットバンキング

福岡銀行で現在行っているキャンペーン情報

福岡銀行のポイントサービス

信金中央金庫と日本の金融システム

信金中央金庫の生い立ちとは

信金中央金庫の果たしている役割

信金中央金庫と一般信用金庫の関係

信金中央金庫の主な業務

信金中央金庫の果たす支援策

信金中央金庫の経営戦略

信金中央金庫の主な顧客とは

信金中央金庫が金融市場で果たす役割とは

福岡銀行は、なんだかおもしろい!

福岡銀行の定期預金はどんな金利で、どんな商品

福岡銀行では、様々な種類から定期預金を選ぶことができます。最も一般的な商品が円定期預金です。1年の運用を考えた場合、平成26年2月10日現在、店頭で預け入れをすると、金額にかかわらず金利は0.025%です。預け入れ期間が数年に及ぶと、1000万円以上の大口定期であれば、プラス0.05%上乗せした金利がつきます。しかしそれでも、いわゆるインターネット銀行の定期預金の金利と比較すれば、高いとは言えません。

定期預金で更に高い金利の商品が良い場合は、スーパー外貨定期預金という選択肢があります。これは外国の通貨で預金をする方法で、アメリカドル、ユーロ、オーストラリアドル、ニュージーランドドルから選べます。この定期預金の注意点として、元本割れのリスクがあります。為替相場の変動によって預金が変化するので、預け入れた時点より円高が進むと、預金額を下回るというわけです。また、通貨ごとに異なる外貨両替手数料も必要になります。

一方で、外貨預金は金利が高く、平成26年2月10日現在、豪ドルだと1年で10万豪ドル(900万円強)に1.35%、NZドルだと10万NZドル(900万円弱)に2.2%と設定されています。長期的に運用すると為替リスクが軽減するそうで、円安が進む時期にはオススメの商品です。

一方で、元本割れのリスクを追わず手堅く定期預金で貯めたい場合は、テレフォンバンキングやインターネットバンキングを利用すれば、店頭金利に前者は0.05%、後者は0.10%金利が上乗せされます。更に、ネットバンキングではバースデー定期という商品が用意されていて、誕生月の申込みであれば店頭金利に0.05%が上乗せされます。前述したネットバンキングの0.10%と合わせると、プラス0.15%の金利が受け取れます。

   Copyright [ 福岡銀行は、なんだかおもしろい! ] - 2014